同作は女性陶芸家の半生を描いたドラマで、大島はヒロインの幼なじみで窯元「丸熊陶業」を継ぎ、社長夫人となった照子を演じているが、SNS上では「ハマり役」「朝ドラで見直した」と絶賛する声が相次いでいる

ニュース

1ジョーカーマン ★2020/01/07(火) 12:40:26.47ID:Jq4VRovH9 現在放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演している女優の大島優子(31)。
同作は女性陶芸家の半生を描いたドラマで、大島はヒロインの幼なじみで窯元「丸熊陶業」を継ぎ、社長夫人となった照子を演じているが、SNS上では「ハマり役」「朝ドラで見直した」と絶賛する声が相次いでいる。

大島といえばアイドルグループAKB48の元メンバーで、キャプテンとして黄金期を支え卒業後に女優へと転身。
一方、AKB48卒業メンバーに対して「演技が下手そう」というネガティブな先入観を持つ人も多く、元アイドルの肩書が女優としてマイナスになってしまうこともあるだろう。
そんななか、大島は朝ドラの演技が評価されているのだ。
テレビ情報誌の編集者は「もはや視聴者は大島のことを『元AKB48』ではなく、女優として見ている」と話す。

「AKB48時代は国民的アイドルと言われた全盛期の中心メンバーで、センターにも立ちましたが、女優に転身後は脇役が多かった。しかし、映画『紙の月』ではヒロインの同僚の銀行員、ドラマ『東京タラレバ娘』では、ヒロインの友人で、居酒屋で働く地味で薄幸そうなアラサー女子、さらに映画『疾風ロンド』ではコメディエンヌぶりも発揮するなど様々な役を演じています。そんな、エースだったAKB48時代とは違い、長年コツコツと主役を引き立ててきたことで元アイドルという印象が薄れていったのではないでしょうか」

そんな大島だが、女優として経験を積むなか2017年8月に突如芸能活動を休止して約1年間留学。
「留学した理由を帰国後にWEBマガジンで話していましたが、AKB48ではない自分は一体何者で、女優としてどう表現すればいいか分からなくなったとか。そこで、ひとり海外でチャレンジして、こういう人間だって言えるようになりたいと思ったそうです。また、アメリカで出会った人たちが皆、心豊かで気持ちにも余裕があり、『小さいことなんて気にしなくていい』と思うようになったとか。そんな、留学によって良い方向に力が抜けたのも大きいと思います」(前出の編集者)

■留学で芸能界の「居場所」を見つけた

一方で「30歳を迎えて見た目も内面もいい感じの雰囲気が出てきた」と言うのは民放ドラマ制作スタッフだ。

「朝ドラでは最近まで妊婦を演じていましたが、視聴者からは『違和感がない』『ほのぼのした』と、その演技を称える声が多かったですね。また、30歳になった心境について、『楽になりました』とインタビューで明かしていたこともあります。20代の頃は若さもあって『頑張りたい』と思っていた一方、30歳になり『頑張らなくていいのかも』という心境に至ったとか。そんなところも、アイドルグループというイメージがなくなってきている理由でしょう。ゆえに悪目立ちもしないので二番手、三番手でより光る。さらに年を重ねれば、庶民的なオバサン役が似合うバイプレイヤーとして、さらに飛躍すると思います」

TVウォッチャーの中村裕一氏は、そんな大島についてこう分析する。

「小さい頃から子役として活動し、アイドル時代は何がなんでもセンターを取らないといけないと追い込まれ、周りのメンバーすべてが敵のように見えていたのではないでしょうか。10代のうちはそんながむしゃらな生き方もまだ許されると思いますが、20代後半、ましてや30代ともなると、さすがにそれでは目も当てられません。仕事も順調だったにも関わらず1年間のアメリカ留学で日本を離れることは彼女のなかで相当な覚悟があったと思いますが、結果的に大成功でした。それは決してあきらめたり、逃げたりするということではなく、芸能界で生きていくために必要な適応力であり、人として見聞を広げる吸収力の賜物だと思います。こうして、背伸びをしない、年齢相応のマインドを手に入れた彼女は、女優として今後ますます伸びていくとともに、息の長い活躍をする可能性を秘めていると言えるでしょう」

演技力にも定評のある大島。
同年代には、出演中の朝ドラでヒロインを務める戸田恵梨香を始め、新垣結衣、吉高由里子、菜々緒、多部未華子などそうそうたる顔ぶれが並んでいる。
彼女たちと切磋琢磨しながら息の長い女優になってほしいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00000013-sasahi-ent&p

朝ドラ「スカーレット」の演技が好評 大島優子
http://pbs.twimg.com/media/ELdilNyXYAIXpqn.jpg

元AKB48 大島優子
http://66.media.tumblr.com/05bf653c19931f1c31165d248e0f8870/tumblr_pd4cg1t8nT1u94rabo8_1280.jpg
http://66.media.tumblr.com/0b0a202846675cdebb698c3e4d571362/tumblr_nasy6lLH6R1tebixro9_1280.jpg

136名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 13:26:22.09ID:NgqEwjS20 AKBであった意味全否定

141名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 13:29:27.74ID:+Xf1JcKi0 視聴率17.3%は凄いなって書こうとしたら最近のシリーズと比べてかなり低いことを知ってびびったわ。

1ジョーカーマン ★2020/01/07(火) 12:40:26.47ID:Jq4VRovH9 現在放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演している女優の大島優子(31)。
同作は女性陶芸家の半生を描いたドラマで、大島はヒロインの幼なじみで窯元「丸熊陶業」を継ぎ、社長夫人となった照子を演じているが、SNS上では「ハマり役」「朝ドラで見直した」と絶賛する声が相次いでいる。

大島といえばアイドルグループAKB48の元メンバーで、キャプテンとして黄金期を支え卒業後に女優へと転身。
一方、AKB48卒業メンバーに対して「演技が下手そう」というネガティブな先入観を持つ人も多く、元アイドルの肩書が女優としてマイナスになってしまうこともあるだろう。
そんななか、大島は朝ドラの演技が評価されているのだ。
テレビ情報誌の編集者は「もはや視聴者は大島のことを『元AKB48』ではなく、女優として見ている」と話す。

「AKB48時代は国民的アイドルと言われた全盛期の中心メンバーで、センターにも立ちましたが、女優に転身後は脇役が多かった。しかし、映画『紙の月』ではヒロインの同僚の銀行員、ドラマ『東京タラレバ娘』では、ヒロインの友人で、居酒屋で働く地味で薄幸そうなアラサー女子、さらに映画『疾風ロンド』ではコメディエンヌぶりも発揮するなど様々な役を演じています。そんな、エースだったAKB48時代とは違い、長年コツコツと主役を引き立ててきたことで元アイドルという印象が薄れていったのではないでしょうか」

そんな大島だが、女優として経験を積むなか2017年8月に突如芸能活動を休止して約1年間留学。
「留学した理由を帰国後にWEBマガジンで話していましたが、AKB48ではない自分は一体何者で、女優としてどう表現すればいいか分からなくなったとか。そこで、ひとり海外でチャレンジして、こういう人間だって言えるようになりたいと思ったそうです。また、アメリカで出会った人たちが皆、心豊かで気持ちにも余裕があり、『小さいことなんて気にしなくていい』と思うようになったとか。そんな、留学によって良い方向に力が抜けたのも大きいと思います」(前出の編集者)

■留学で芸能界の「居場所」を見つけた

一方で「30歳を迎えて見た目も内面もいい感じの雰囲気が出てきた」と言うのは民放ドラマ制作スタッフだ。

「朝ドラでは最近まで妊婦を演じていましたが、視聴者からは『違和感がない』『ほのぼのした』と、その演技を称える声が多かったですね。また、30歳になった心境について、『楽になりました』とインタビューで明かしていたこともあります。20代の頃は若さもあって『頑張りたい』と思っていた一方、30歳になり『頑張らなくていいのかも』という心境に至ったとか。そんなところも、アイドルグループというイメージがなくなってきている理由でしょう。ゆえに悪目立ちもしないので二番手、三番手でより光る。さらに年を重ねれば、庶民的なオバサン役が似合うバイプレイヤーとして、さらに飛躍すると思います」

TVウォッチャーの中村裕一氏は、そんな大島についてこう分析する。

「小さい頃から子役として活動し、アイドル時代は何がなんでもセンターを取らないといけないと追い込まれ、周りのメンバーすべてが敵のように見えていたのではないでしょうか。10代のうちはそんながむしゃらな生き方もまだ許されると思いますが、20代後半、ましてや30代ともなると、さすがにそれでは目も当てられません。仕事も順調だったにも関わらず1年間のアメリカ留学で日本を離れることは彼女のなかで相当な覚悟があったと思いますが、結果的に大成功でした。それは決してあきらめたり、逃げたりするということではなく、芸能界で生きていくために必要な適応力であり、人として見聞を広げる吸収力の賜物だと思います。こうして、背伸びをしない、年齢相応のマインドを手に入れた彼女は、女優として今後ますます伸びていくとともに、息の長い活躍をする可能性を秘めていると言えるでしょう」

演技力にも定評のある大島。
同年代には、出演中の朝ドラでヒロインを務める戸田恵梨香を始め、新垣結衣、吉高由里子、菜々緒、多部未華子などそうそうたる顔ぶれが並んでいる。
彼女たちと切磋琢磨しながら息の長い女優になってほしいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00000013-sasahi-ent&p

朝ドラ「スカーレット」の演技が好評 大島優子

元AKB48 大島優子

462名無しさん@恐縮です2020/01/08(水) 00:14:12.42ID:Spy78zzb0 >>1
元Akbウザって思いながらガマンして観てますけど?(´・ω・`)

382名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 19:54:37.21ID:1rZe/NBU0 秋元グループの絶賛の声とかの記事ってもう逆効果なんじゃないの

520名無しさん@恐縮です2020/01/08(水) 11:53:42.70ID:/4KVArhz0 大島、篠田、まゆゆ、川栄

この4人は演技が上手い

486名無しさん@恐縮です2020/01/08(水) 03:15:58.62ID:XWqKV3GX0 演技なんてのは誰にでも出来ます
出来ないヤツが運動音痴みたいなものだから(笑)

403名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 20:21:48.11ID:zOiKOjnbO 今夜21時フジ『疾風ロンド』。大島優子が出ている。

406名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 20:31:02.69ID:V6EvjGMC0 >>403
サンクス
録画予約した

357名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 18:01:34.74ID:leracYFY0 性格の悪さが滲み出ててるよ

https://m.youtube.com/watch?v=T0iaQOM6gt0

207名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 13:56:58.57ID:lNf7AuGn0 ちんちんちんちくりん

217名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 14:04:27.91ID:xaA6Yh5i0 というか、元々女優でやってたけど全く売れなかったから
事務所がAKBに入れたんだろ

そりゃアイドル出身と比べりゃ上手いのは当たり前としか

448名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 23:10:41.70ID:UVIqFkHM0 こんなおばちゃん押しても意味ないだろ
もっと将来性ある若手おせよ

123名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 13:21:49.44ID:GtX9tyXo0 もうウンザリ
なんで秋元系列だけこんな持ち上げ記事が毎回毎回出るんだ?wwwww

こいつといい川栄といい平手といい

149名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 13:33:47.96ID:K10sNHW40 >>123
みな卒業後、速攻で演技派女優になってるんだよな

152名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 13:35:32.78ID:GtX9tyXo0 >>149
ウンザリなんだよな
だってこいつらが押し込まれることによって
その分真面目に女優を目指してた子が弾き出されることになるから
そろそろなんらかの規制を作って欲しいわ

321名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 16:31:31.97ID:DeB4U6Bz0 なつぞらにもいたよな
いつから朝ドラに元AKB枠ができたんだ?

324名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 16:37:00.12ID:Az9HkBHQ0 >>321
ひよっこぐらいから?

101名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 13:14:05.62ID:dLpG4jgFO ヤメゴクだっけ
あれもひどかったなあ

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました