データでみる“最低紅白”の真相〜ワースト断定は早計だが改善の道は見えた!〜鈴木祐司|次世代メディア研究所長/メディアアナリスト/津田塾大学研究員1/5(日)11:11全体接触率推移部接触率推移メディアスイッチラボ視聴率歌唱パート流出率パート流出率世帯視聴率が“史上最低”とされた『第70回NHK紅白歌合戦』

ニュース

1サザンカ ★2020/01/05(日) 17:43:27.15ID:qvtR/Mm99 データでみる“最低紅白”の真相〜ワースト断定は早計だが改善の道は見えた!〜
鈴木祐司 | 次世代メディア研究所長/メディアアナリスト/津田塾大学研究員
1/5(日) 11:11
https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20200105-00157705/

全体接触率推移
http://rpr.c.yimg.jp/im_siggZApbX4hvT4U5R.h1jVpolw—x800-n1/amd/20200105-00157705-roupeiro-000-2-view.jpg
2部接触率推移
http://rpr.c.yimg.jp/im_sigg77xdVFIs4zVHgXwFlekwiw—x800-n1/amd/20200105-00157705-roupeiro-003-2-view.jpg

メディアスイッチラボ視聴率
http://rpr.c.yimg.jp/im_siggPweF68L7_It9v6iV3uN3yg—x800-n1/amd/20200105-00157705-roupeiro-002-2-view.jpg

歌唱パート流出率
http://rpr.c.yimg.jp/im_siggH9YqoMnjESzPQsk7Xx1zsg—x800-n1/amd/20200105-00157705-roupeiro-004-2-view.jpg
MCパート流出率
http://rpr.c.yimg.jp/im_siggDe9hgQw3ta5NL4c_Y8B_rQ—x800-n1/amd/20200105-00157705-roupeiro-005-2-view.jpg

世帯視聴率が“史上最低”とされた『第70回NHK紅白歌合戦』。
ビデオリサーチ(VR)のデータが発表された後、同番組を批判する記事がたくさん出た。しかし統計データは誤差がつきもの。
しかも今や、テレビ番組の視聴データは複数ある。
これらを見比べると、単純に去年の紅白がワーストだったとは言い切れない。
もちろんデータは、課題も浮き彫りにしている。
“史上最低”とされた紅白の真相に迫ってみた。

視聴データによる位置づけ
VRは1月2日、年末年始の世帯視聴率を発表した。
これによると『第70回NHK紅白歌合戦』第2部は37.3%。2部制になった1989年以降で最低の値だった。
ただし1部の34.7%は、過去に30%強が何度もあるので、史上最低ではない。
これを受けて、今回の出来を批判する記事がたくさん出た。

「ヤマ場が少ない」
「サプライズ感に乏しい」
「まとまりと決定力に欠けた」
「リハから欠けていた高揚感」

紅白放送の翌日に発言するならまだしも、視聴率が判明してから鬼の首をとったように言うのは、「なんだかなあ」って気もしないでもない。
中には「初期のころのように、純粋な歌合戦で勝負するべき」と、何を根拠に個人の主観を述べているのか、首をかしげたくなるような極論も散見された。
そもそも近年の紅白2部は、それまで4回が40%前後で、今回3%ほど下がったからと言って大騒ぎすべき出来事なのか。
視聴率調査を行うVR自身も、40%の番組の誤差は±3.3%と明言している(視聴率をご覧いただくときの注意事項)。
例えば15年2部は、36〜42%のどこかだ。19年は34〜40%のどこか。15年より下だったかも知れないし、逆に上だった可能性も残っている。

また近年は、多様な視聴データが登場している。
スイッチ・メディア・ラボ(SML)は、関東地区でVRより2倍以上のサンプルで、世帯視聴率や属性別の個人視聴率を測定している。
これによると、世帯も個人も18年紅白に負けているものの、15〜17年より高い。
サンプルの集め方などが異なるので単純に比較できないが、VRのデータだけで最低と決めつけるのは、短絡的過ぎるだろう。
ちなみに「世帯が下がったのは、若い出演者が増え、紅白の主な視聴者である60歳以上がついていけなかったから」旨の批判もあった。
ところがSMLのデータを見ると、3−層(男女50〜64歳)も3+層(65歳以上)も、18年には及ばないが、14〜17年比では同等あるいは上を行く。
「キャスティングが高齢者を排除した」とは、安易には断定できないのである。

>>2以降に続く


【テレビ】2019紅白歌合戦視聴データ検証
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578195651/

222名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 06:42:49.65ID:dFQBq6f00 星野源はファン以外は恋しか知らんだろ
本人は今更過去のヒット曲の恋歌って恋ダンスしたくないだろうから仕方ないけど恋歌わないならいらないよ

227名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 07:37:20.87ID:9aQr9Q3I0 >>222
恋ダンスの曲
SUN
ドラえもんの曲

つか一時期カラオケいくとやたら聴かされたわ

69名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 18:24:48.92ID:cuwnd4jU0 「ゆず」みたいな実際には売れてない
新興宗教教団の息子をゴリ押すから気持ち悪いわな

207名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 01:25:43.27ID:VYqQNPpU0 山作れるの誰なんよ

20名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 17:56:04.97ID:nhrWPZxl0 星野源は屋上で歌わせた意味もわからんしダウンジャケットとかふざけた衣装だったからな
せめて正装はしろよ

227名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 07:37:20.87ID:9aQr9Q3I0 >>222
恋ダンスの曲
SUN
ドラえもんの曲

つか一時期カラオケいくとやたら聴かされたわ

237名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 10:20:02.73ID:OU+qkMGJ0 >>227
そんな低DL配信数のもの知りません

250名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 13:41:40.65ID:ilp9+vuw0 結局全体の視聴率が分かる情報は出てこなかったな

251名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 13:43:04.92ID:HoRwW4td0 >>250
それは明日出る

8名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 17:50:22.73ID:Sjcl7ne+0 審査員に華が無かったのも原因だな

・リーチ・マイケル(ラクビー日本代表キャプテン)
・桐生祥秀(陸上選手)
・長谷川博己(来年の大河主演)
・戸田恵梨香(朝ドラ主演)
・渋野日向子(女子プロゴルファー)
・仲邑菫(最年少プロ棋士)
・小倉とも子(失踪少女母親)
・八田英明(京都アニメーション社長)
・立花孝志(NHKから国民を守る党代表)
・飯塚幸三(元院長)
・カルロス・ゴーン(前日産CEO)
・グレタ・トゥーンベリ(環境活動家) ※天候不良で来日できない可能性もあり

143名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 19:57:34.01ID:lHeZsER+0 このままどんどん落ちぶれて行けばいいのにな、紅白なんて

247名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 12:23:39.16ID:pP/F/0Ym0 嵐が視聴率良かったのって、単にフィナーレ前だからでは?
途中だったら見ないでしょ

262名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 22:38:19.64ID:2xpJGyHh0 >>247
視聴率は流出率+接触率の概念と比べるとだめだな
よくこんなので今まで大金が動いてきたもんだと思う

264名無しさん@恐縮です2020/01/08(水) 13:17:03.14ID:JOc7Ml1X0 >>262
接触率はともかく流失率も変なデータだと思うけどね

これで欅や星野源が戦犯扱いはおかしいでしょ

1サザンカ ★2020/01/05(日) 17:43:27.15ID:qvtR/Mm99 データでみる“最低紅白”の真相〜ワースト断定は早計だが改善の道は見えた!〜
鈴木祐司 | 次世代メディア研究所長/メディアアナリスト/津田塾大学研究員
1/5(日) 11:11
https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20200105-00157705/

全体接触率推移

2部接触率推移

メディアスイッチラボ視聴率

歌唱パート流出率

MCパート流出率

世帯視聴率が“史上最低”とされた『第70回NHK紅白歌合戦』。
ビデオリサーチ(VR)のデータが発表された後、同番組を批判する記事がたくさん出た。しかし統計データは誤差がつきもの。
しかも今や、テレビ番組の視聴データは複数ある。
これらを見比べると、単純に去年の紅白がワーストだったとは言い切れない。
もちろんデータは、課題も浮き彫りにしている。
“史上最低”とされた紅白の真相に迫ってみた。

視聴データによる位置づけ
VRは1月2日、年末年始の世帯視聴率を発表した。
これによると『第70回NHK紅白歌合戦』第2部は37.3%。2部制になった1989年以降で最低の値だった。
ただし1部の34.7%は、過去に30%強が何度もあるので、史上最低ではない。
これを受けて、今回の出来を批判する記事がたくさん出た。

「ヤマ場が少ない」
「サプライズ感に乏しい」
「まとまりと決定力に欠けた」
「リハから欠けていた高揚感」

紅白放送の翌日に発言するならまだしも、視聴率が判明してから鬼の首をとったように言うのは、「なんだかなあ」って気もしないでもない。
中には「初期のころのように、純粋な歌合戦で勝負するべき」と、何を根拠に個人の主観を述べているのか、首をかしげたくなるような極論も散見された。
そもそも近年の紅白2部は、それまで4回が40%前後で、今回3%ほど下がったからと言って大騒ぎすべき出来事なのか。
視聴率調査を行うVR自身も、40%の番組の誤差は±3.3%と明言している(視聴率をご覧いただくときの注意事項)。
例えば15年2部は、36〜42%のどこかだ。19年は34〜40%のどこか。15年より下だったかも知れないし、逆に上だった可能性も残っている。

また近年は、多様な視聴データが登場している。
スイッチ・メディア・ラボ(SML)は、関東地区でVRより2倍以上のサンプルで、世帯視聴率や属性別の個人視聴率を測定している。
これによると、世帯も個人も18年紅白に負けているものの、15〜17年より高い。
サンプルの集め方などが異なるので単純に比較できないが、VRのデータだけで最低と決めつけるのは、短絡的過ぎるだろう。
ちなみに「世帯が下がったのは、若い出演者が増え、紅白の主な視聴者である60歳以上がついていけなかったから」旨の批判もあった。
ところがSMLのデータを見ると、3−層(男女50〜64歳)も3+層(65歳以上)も、18年には及ばないが、14〜17年比では同等あるいは上を行く。
「キャスティングが高齢者を排除した」とは、安易には断定できないのである。

>>2以降に続く


【テレビ】2019紅白歌合戦視聴データ検証
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578195651/

54名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 18:13:15.37ID:AdpE6dWl0 >>1
グラフ見ると関ジャニの大阪万博関連紹介で上沼が出てきた応援パートの流出率は1.5%と爆上げしてますけどw
東京五輪関連より逃げ出されてやんの
それこそ大阪万博の方がローカル案件だし関係ないのになぜ今から大阪万博を推す必要があるのかわからん

61名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 18:16:38.35ID:5xhGwP/f0 >>54

東京五輪は東京都主催
大阪万博は日本国の主催

アホは知らんやろ。

67名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 18:22:02.94ID:UxW76w590 >>61
JOC (財団法人日本オリンピック委員会)は東京都の組織ではありません
バカも休み休み言えバカwww

84名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 18:44:55.41ID:P1yJMQPl0 >>67
コレは恥ずかしい

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました