いずれもリズム芸でブレークした芸人だが、11、12年ほど前、「ヌーブラ、ヤッホー!」で一世を風靡した女性コンビがいた

ニュース

1牛丼 ★2020/01/06(月) 14:30:01.49ID:UjA2Mrps9 “ヌーブラ、ヤッホー!”で一世風靡 元「モエヤン」久保いろはさんはボイストレーナーに転身

【あの人は今こうしている】

 テツandトモ、ピコ太郎、ブルゾンちえみ……。いずれもリズム芸でブレークした芸人だが、11、12年ほど前、「ヌーブラ、ヤッホー!」で一世を風靡した女性コンビがいた。「モエヤン」だ。解散したのは6年前の12月。赤いタイツの池辺愛さんはFM「NACK5」のパーソナリティーだが、青い方の久保いろはさん(38)は……?

  ◇  ◇  ◇

「まず、発声練習からしましょう」

 都内大田区。東急多摩川線・下丸子駅そばのスタジオへ行くと、久保さんがボイストレーニングの真っ最中だった。

「体の力を抜いて、リラックスしてくださいね」

 キーボードで音階を合わせて久保さんも発声し、パターンを変えながらチェックしていく。

「ボイストレーナーを始めたのは2014年12月です。講師名は『歌月』で、マンツーマンのパーソナルトレーニングをメインに、コーラス、仕事に役立つビジネスボイストレーニングなど、声の悩みを解決しています」

 生徒は、歌好きをはじめ、プロ歌手やナレーターを目指す学生、ミュージカル女優、もちろんビジネスマンもいる。

「ビジネスですと、大事なのは『相手の笑顔を引き出す話し方』。緊張する場面、シリアスになる瞬間もあると思いますが、やはり“笑い”は大切。相手の心を開くには、どのような話し方をすればいいのかを、生徒さんと考えながら進めていきます」

 中には資料を持参してプレゼンテーションしたり、スマートフォンで1分、3分と尺を決めて動画を撮り、改善する人も。

「ある男性デザイナーさんは当初、おとなしい印象でした。でも2年たった今、とても明るく楽しい雰囲気に変わりました。ほかにも、『商談でスムーズに話せた!』『次の仕事につながった!』と言っていただくと、うれしくて、やりがいを感じますね」

 さて、1981年2月、大阪・堺市に生まれた久保さんは、幼い頃からマイケル・ジャクソンやモータウンサウンドが好きで、歌手になるのが夢だった。そして98年、アジアボーカリストオーディションに合格したことをきっかけに上京。2000年12月、久保沙耶香の芸名で、プレイステーション2のゲーム「7BLADES」のエンディング曲に採用された「LOVE WILL SEE US THROUGH」でデビューした。

 その後、ミュージカル集団「東京メッツ」に入団。そこで知り合ったのが、「モエヤン」の相方である池辺愛さんだった。

「愛ちゃんは大阪出身なので、ノリも同じでウマが合ったんです。で、『お笑い、一緒にやらへん?』って誘われて、05年にコンビを組みました」

 だが、最初は鳴かず飛ばず。下北沢で「お笑い流し」と称するゲリラライブをしながら、ネタのブラッシュアップに励んだが、オーディションはことごとく不合格だった。

■仕事が殺到した直後にメーカーからクレーム

「それでもメゲず、100本以上ネタを作って、バラエティー番組の担当者に送っていました。そのひとつが“ヌーブラ、ヤッホー!”。本命のネタは別だったのに、こっちが採用されたんです」

 ミュージカルの素養がある2人だけに、本格的なハーモニーと振り付けで差別化し、インパクトのある青と赤のタイツ姿。胸にヌーブラを貼り付けて歌って踊るスタイルは、08年正月の「笑っていいとも!増刊号」特番、ネタ見せ番組「爆笑レッドカーペット」で披露されるや、たちまち注目を浴びた。

「すぐにテレビにライブ、イベントなどお仕事がどんどん入り、情報バラエティー『ラジかるッ』(日本テレビ系)の月曜レギュラーにもなりました」

 ところが、7カ月ほどでヌーブラメーカーから、「用途が違う」とクレームが入ったため、やむなく封印。ヌーブラなしのコントやリズム芸で再スタートを切り、舞台や音楽活動で活躍した。

「そんな時に夫と知り合い、二足のわらじは難しいと思い」13年に結婚、寿引退となった。

 相方の池辺さんは15年に結婚して、17年2月に女児を出産した。

「そうしたら1年後の同じ日、今度は私が一人娘を出産したんです。愛ちゃんとは今も仲良しですが、『将来、娘たちがコンビを組んで何かするかもしれないね』って言ってるんです。ホント、不思議な縁ですよね」
https://i.imgur.com/qt2edb7.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000002-nkgendai-ent

85名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 17:33:33.91ID:puqYwo840 だっちゅーのならともかく、ヌーブラ程度じゃ一世風靡はしてない

29名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:49:08.22ID:U1Cr0cVm0 一応ヒルナンデスに出てたんだぞ
曜日レギュラーだったんだぞ

58名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 15:24:52.37ID:+5PiT7kR0 >>29
活躍してた?

96名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 19:03:58.59ID:dPa4YUzy0 知ってるけど一世風靡はしていないと思う

43名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 15:00:05.35ID:HKDEZPvb0 メーカーも器が小さいな
宣伝になったろうに

64名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 15:47:29.65ID:J2LQUtB20 >>43
まあ笑われるネタだしな
仕事しててクスクス笑われるのは仕事しにくいだろう

1牛丼 ★2020/01/06(月) 14:30:01.49ID:UjA2Mrps9 “ヌーブラ、ヤッホー!”で一世風靡 元「モエヤン」久保いろはさんはボイストレーナーに転身

【あの人は今こうしている】

 テツandトモ、ピコ太郎、ブルゾンちえみ……。いずれもリズム芸でブレークした芸人だが、11、12年ほど前、「ヌーブラ、ヤッホー!」で一世を風靡した女性コンビがいた。「モエヤン」だ。解散したのは6年前の12月。赤いタイツの池辺愛さんはFM「NACK5」のパーソナリティーだが、青い方の久保いろはさん(38)は……?

  ◇  ◇  ◇

「まず、発声練習からしましょう」

 都内大田区。東急多摩川線・下丸子駅そばのスタジオへ行くと、久保さんがボイストレーニングの真っ最中だった。

「体の力を抜いて、リラックスしてくださいね」

 キーボードで音階を合わせて久保さんも発声し、パターンを変えながらチェックしていく。

「ボイストレーナーを始めたのは2014年12月です。講師名は『歌月』で、マンツーマンのパーソナルトレーニングをメインに、コーラス、仕事に役立つビジネスボイストレーニングなど、声の悩みを解決しています」

 生徒は、歌好きをはじめ、プロ歌手やナレーターを目指す学生、ミュージカル女優、もちろんビジネスマンもいる。

「ビジネスですと、大事なのは『相手の笑顔を引き出す話し方』。緊張する場面、シリアスになる瞬間もあると思いますが、やはり“笑い”は大切。相手の心を開くには、どのような話し方をすればいいのかを、生徒さんと考えながら進めていきます」

 中には資料を持参してプレゼンテーションしたり、スマートフォンで1分、3分と尺を決めて動画を撮り、改善する人も。

「ある男性デザイナーさんは当初、おとなしい印象でした。でも2年たった今、とても明るく楽しい雰囲気に変わりました。ほかにも、『商談でスムーズに話せた!』『次の仕事につながった!』と言っていただくと、うれしくて、やりがいを感じますね」

 さて、1981年2月、大阪・堺市に生まれた久保さんは、幼い頃からマイケル・ジャクソンやモータウンサウンドが好きで、歌手になるのが夢だった。そして98年、アジアボーカリストオーディションに合格したことをきっかけに上京。2000年12月、久保沙耶香の芸名で、プレイステーション2のゲーム「7BLADES」のエンディング曲に採用された「LOVE WILL SEE US THROUGH」でデビューした。

 その後、ミュージカル集団「東京メッツ」に入団。そこで知り合ったのが、「モエヤン」の相方である池辺愛さんだった。

「愛ちゃんは大阪出身なので、ノリも同じでウマが合ったんです。で、『お笑い、一緒にやらへん?』って誘われて、05年にコンビを組みました」

 だが、最初は鳴かず飛ばず。下北沢で「お笑い流し」と称するゲリラライブをしながら、ネタのブラッシュアップに励んだが、オーディションはことごとく不合格だった。

■仕事が殺到した直後にメーカーからクレーム

「それでもメゲず、100本以上ネタを作って、バラエティー番組の担当者に送っていました。そのひとつが“ヌーブラ、ヤッホー!”。本命のネタは別だったのに、こっちが採用されたんです」

 ミュージカルの素養がある2人だけに、本格的なハーモニーと振り付けで差別化し、インパクトのある青と赤のタイツ姿。胸にヌーブラを貼り付けて歌って踊るスタイルは、08年正月の「笑っていいとも!増刊号」特番、ネタ見せ番組「爆笑レッドカーペット」で披露されるや、たちまち注目を浴びた。

「すぐにテレビにライブ、イベントなどお仕事がどんどん入り、情報バラエティー『ラジかるッ』(日本テレビ系)の月曜レギュラーにもなりました」

 ところが、7カ月ほどでヌーブラメーカーから、「用途が違う」とクレームが入ったため、やむなく封印。ヌーブラなしのコントやリズム芸で再スタートを切り、舞台や音楽活動で活躍した。

「そんな時に夫と知り合い、二足のわらじは難しいと思い」13年に結婚、寿引退となった。

 相方の池辺さんは15年に結婚して、17年2月に女児を出産した。

「そうしたら1年後の同じ日、今度は私が一人娘を出産したんです。愛ちゃんとは今も仲良しですが、『将来、娘たちがコンビを組んで何かするかもしれないね』って言ってるんです。ホント、不思議な縁ですよね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000002-nkgendai-ent

19名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:41:16.14ID:W9Af9Ebj0 >>1
NACK5だろ

100名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 20:54:54.26ID:VJQKXLzH0 どっちがかわいい方だっけ?
元相方

髪巻いてきちんとした服着ればそれなりになるんだな

111名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 04:39:20.92ID:XYctxNSZ0 >>100一応こっちがかわいい方

2名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:30:52.86ID:uuYIa8Ug0 一世風靡ってほど売れたか?

36名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:56:00.72ID:xuUSkIgs0 >>2
オマエが知らないだけ
当時の原宿ではJCやJKがレオタードにヌーブラ着けて闊歩するのが流行ってたよ

63名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 15:46:30.22ID:J2LQUtB20 >>36
あれは凄かったな
本当にここは日本かと思ったよ

16名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:38:18.56ID:ZnegVC+90 片割れはナック5で始めた当初「コメディエンヌです」って
言うだけでモエヤンて頑なに言わなかったなw

104名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 21:18:41.29ID:Uxw63L170 >>16
コイツが帯でクッソつまらん番組やってくれたおかげで俺はAMデビュー出来た
感謝やで

13名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:36:17.39ID:YeV8dTNj0 失笑しか聞いたことがない

28名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:48:10.86ID:CrXa75RX0 今 って言うほど昔じゃ無いな

21名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:42:36.00ID:E0U/6HCk0 出川がいつも着てた服のメーカー、出川にクレーム出したのどこだったっけ?

42名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 14:59:01.99ID:17XTzGgA0 >>21
ラコスケ

92名無しさん@恐縮です2020/01/06(月) 18:43:45.69ID:zHWKX95c0 一瞬だけだったにしろ爪痕は残した

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました