2018年に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い

ニュース

1砂漠のマスカレード ★2020/01/07(火) 08:11:35.85ID:iY1gdWQu9 広瀬すずさん、橋本環奈さん、福原遥さんらが名を連ねていた、いわゆる「奇跡の世代」の1学年下、「1999年度生まれ」の面々が今年、成人式を迎える。2018年に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを(当時)
18歳で務めた永野芽郁(めい)さんを筆頭に、吉川愛さん、上白石萌歌(かみしらいし・もか)さん、大友花恋さんと、いずれも確かな演技力を持つ女優がそろう。
ここでは、若き演技派として今後もテレビ画面やスクリーンで輝きを放つであろう期待の新成人たちを紹介する。

◇永野芽郁は1999年度生まれを牽引するトップランナー

永野さんは1999年9月24日生まれ、東京都出身。子役として映画「ゼブラーマン2−ゼブラシティの逆襲−」「私の優しくない先輩」(共に2010年)、NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)などに出演し、映画「俺物語!!」(2015年)
でヒロインに抜てきされたことで一気に脚光を浴びた。

その後も人気女優の登竜門とされる全国高校サッカーの応援マネジャーや女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルを歴任し、連続ドラマ「こえ恋」(テレビ東京、2016年)、
映画「ひるなかの流星」(2017年)で主演を務めるなど順調にステップアップしてきた。

恋愛ドラマの神様の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル脚本の朝ドラ「半分、青い。」(2018年)では、病気で左耳を失聴したヒロインの鈴愛(すずめ)を熱演。
SNSをにぎわせた連続ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」(日本テレビ系、2019年)への出演、劇場版アニメ「二ノ国」での声優起用も記憶に新しく、1999年度生まれを牽引するトップランナーと言っても過言ではないだろう。

◇出演作続く吉川愛 上白石萌歌は女優以外の活動も活発化

吉川さんは1999年10月28日生まれ、東京都出身。かつて「吉田里琴(りこ)」の名前で活動していた元子役で、連続ドラマ「メイちゃんの執事」(フジテレビ系、2009年)の麻々原みるく役などで知られ、朝ドラ「あまちゃん」(2013年)にも出演していた。

2017年4月に改名し、同7月期の連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)で女優として再スタートを切った吉川さんは昨年大活躍。「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系)の“エトミカ”を皮切りに、
連続ドラマに次々と起用され、「緊急取調室」(テレビ朝日系)、「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系)、「シャーロック」(フジテレビ)では単発・ゲストだったものの、迫真の演技で視聴者を画面にくぎ付けにした。
そんな吉川さんは2020年1月期は連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)への出演が決まっている。

吉川さんも出演していた昨年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(2019年)で、存在感を示したのが上白石さんだ。
1936年のベルリンオリンピック、女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した前畑秀子を演じ、役作りで体重を7キロも増やしたことも話題になった。

そんな上白石さんは2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身。上白石萌音(もね)さんの妹。2011年、10歳の時に「東宝シンデレラオーディション」で史上最年少グランプリを獲得し、芸能界入りを果たした。
昨年は「3年A組−今から皆さんは、人質です−」で永野さんと共演し、4月からバラエティー番組「A-Studio」(TBS系)の11代目サブMCを担当。9月からは「adieu(アデュー)」名義での音楽活動を本格的にスタートさせるなど、女優以外の活動も活発化。
今年は20歳の誕生日に公演初日を迎える舞台「お勢、断行」などが控えている。

◇「あな番」で注目集めた大友花恋 更に朝ドラ経験者が…

昨年4〜9月に2クール連続で放送されたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)で、これまでの清楚(せいそ)なイメージを覆す“ヤンキー女子”あいり役で注目を集めた大友さん。
1999年10月9日生まれ、群馬県出身。雑誌「Seventeen」では同学年の横田真悠さんとの“かれまゆ”コンビ(永野芽郁さん在籍時は“かれまゆめい”)として、10代女子からの支持も厚い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000051-mantan-ent
1/1(水) 13:10配信

https://storage.mantan-web.jp/images/2019/12/28/20191228dog00m200017000c/001_size6.jpg
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/27/jpeg/20180926s00041000451000p_view.jpg
https://realsound.jp/wp-content/uploads/2018/06/20180624-hanbun-1.jpg
https://sakata-tsushin.com/yomimono/tokushu/assets_c/2017/10/20170608_006184_01-thumb-630×499-12122.jpg

76名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 18:28:35.39ID:1jV/9O1b0 上白石って子顔パンパンでびっくりする

44名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 10:42:22.00ID:6janbaph0 少なくとも、永野は限界。いくら朝ドラ主役女優といっても、あの容姿じゃ。
cmで深キョン→多部ちゃんと綺麗だなと思ったら、いきなりお化け。いくら何でも同席でき
ないでしょ。

87名無しさん@恐縮です2020/01/08(水) 00:42:51.73ID:F0042ogH0 全員、神だと思っている

65名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 12:19:44.15ID:V8Xfp3cB0 処女はいませんね

59名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 11:31:54.05ID:HFa6lTa30 旧吉田里琴ちゃんは休業前は結構悪役みたいなのが多かったねえ
泣きの演技とか尋常じゃ無い上手さだったから引退は惜しいと思ってたぜ

17名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 08:53:11.28ID:+lpsnPkw0 新成人

永野芽郁 (スターダスト)
伊原六花 (フォスター)
吉川愛 (研音)
大友花恋 (研音)
上白石萌歌 (東宝芸能)
久保田紗友 (SMA)
富田望生 (JME)

19名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 09:12:59.09ID:3mlnFC580 >>17
冨田一択だな。

30名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 09:35:38.80ID:OHrXU9Gq0 見た目次第で演技派になる

37名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 10:02:43.09ID:vXe8KcLN0 この程度でスターとか笑わせるな

41名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 10:14:39.15ID:vAlXTPpd0 >>37
朝ドラのヒロインにスターじゃないとかお前の基準は?

69名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 16:38:35.76ID:4qHDzn9J0 上白石姉妹は主演女優としてはブサイク過ぎて受け入れられない
脇役なら良いけどさ
でも性格はめっちゃ良さそう
最近可愛くないスタイル良くない子ばっかり押されてて嫌になる

41名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 10:14:39.15ID:vAlXTPpd0 >>37
朝ドラのヒロインにスターじゃないとかお前の基準は?

46名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 10:47:43.61ID:++byudBC0 >>41
夏菜や葵わかながスターなら朝ドラヒロインやればスターでいいんじゃねぇの?w

48名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 10:56:16.68ID:vAlXTPpd0 >>46
コイツはアホ丸出しやなぁ
夏菜の朝ドラって低視聴率だったじゃん
葵わかなってまだ若手だし
同列に並べてる時点で知能の低さが解るぜ

71名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 16:58:23.44ID:Vr3kOGea0 >>48
鼻デカブスもまだまだ若手ですが何か?
まさか小学生からこの世界にいるから若手じゃないとか言わないよな?
なら橋本環奈も若手じゃなくるな

83名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 19:54:29.53ID:+QY+vBUf0 あんなに可愛かった吉川愛が華がなくなってて驚き

52名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 11:06:42.57ID:9zFbtRC80

60名無しさん@恐縮です2020/01/07(火) 11:34:03.82ID:ckggVMjV0 まだ20歳?なんか肌がもっと歳いってる感じと思ってた、色白ではあるけど

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました