2010年の南アフリカ大会から2018年のロシア大会までの3大会、ワールドカップの全試合でゴールマウスを守った川島永嗣選手がW杯ロシア大会直後に語ったインタビューを『新・GK論10人の証言から読み解く日本型守護神の未来』(田邊雅之著)から、一部抜粋し全4回で公開する

ニュース

1Egg ★2020/01/02(木) 14:14:22.17ID:kEmilXEO9 2010年の南アフリカ大会から2018年のロシア大会までの3大会、ワールドカップの全試合でゴールマウスを守った川島永嗣選手がW杯ロシア大会直後に語ったインタビューを『新・GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来』(田邊雅之著)から、一部抜粋し全4回で公開する。今回は第1回。(取材・文:田邊雅之)

●「(世間を)見返してやろうじゃないですけど…」

──まずW杯ロシア大会の感想から、聞かせていただけますか。

「大会前にいろいろなことがあったので、結果的に良い形で終われたのは、日本サッカー全体にとってすごく良かったと思います。でも、それはあくまでもチームが一丸となって得た結果だし、簡単な作業ではなかったですね」

──実際、西野朗監督になってからは、チームのプレースタイルがかなり変わりました。攻撃に関しては、もう少しボールをキープしていく、あるいはフレキシブルに対応していこうと、選手と監督が議論をしたことが奏功したと報じられています。守備に関してはどうでしょうか? ラインの引き方や役割の受け渡しなどで、アプローチが変わった部分はあったのでしょうか?

「どういうふうにプレッシャーをかけていくかとか、できるだけ90分間引いて守るだけにならないようにするというのは、多く議論をしてきたと思います。そのあたりは実際の大会期間中も、だいぶ議論されたと思いますね」

──GKコーチも実際に変わったわけですが、その影響はありましたか?

「もともと代表の中にいるGKコーチでしたし、守り方に関しては、そこまで大きな変化はなかったと思います」

──どちらかと言うと、継続性のほうが高かった?

「とはいえ、チームというのは監督やスタッフが変わった場合、すぐにすべてが機能し始めるものではないですから。そういう意味では、よくこの短期間でいろいろなことがうまく回っていったと思います。

 ただしグループリーグを突破して、日本サッカーが成し遂げたことがないことを達成しようという決意は、僕たち選手の心の中では一度もぶれなかった。

 おそらく周囲の期待値と僕たち選手が目指していた目標には、どちらにしても差があったと思います。(世間を)見返してやろうじゃないですけど、様々なことが言われていたからこそ、結果を出すんだという気持ちも働いたのかなという感じがしますね」

●「このポジションを選んだ人間の人生の一部」

 個々のレベルで見るならば、気持ちの強さを最も持ち続けた選手の一人が川島だったのは間違いない。大会期間中、川島はメディアの批判に幾度となくさらされている。しかも批判の多くは、客観性を欠くものだったと言わざるを得ない。

 だが川島は毅然として記者会見に登場し、ピッチにも立ち続けた。

──川島選手ご自身のプレーについては、どのように振り返られますか?

「基本的に新しい体制になってからは、自分のパフォーマンスが良かったとは思っていないんです。だから大会前の自分のパフォーマンスが、そういう見方を招いてしまった部分もあると思います。スイス戦やガーナ戦のパフォーマンスが普通だったら、あそこまで言われることもなかったでしょうし。

 GKというポジションは失点と常に隣り合わせだし、相手に点を取られれば、どのみちGKのせいだと言われてしまう。それは当たり前のことだし、このポジションを選んだ人間の人生の一部だと思っています。

 ただし相手に点を取られたからと言って、GKが必ずしもベストなプレーをしていなかったとは限らない。そこはまったく次元の違う話であって、プレーの良し悪しを判断するのは、あくまでも自分の内面的な基準になる。何が本当のミスで、何がミスではなかったかはきちんと把握できています」

つづく

1/1(水) 10:20 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00010002-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200101-00010002-footballc-000-1-view.jpg

1 Egg ★ 2020/01/01(水) 11:52:13.02
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577847133/

129名無しさん@恐縮です2020/01/03(金) 20:14:55.00ID:lLGprrg+0 キャッチングに自信がないのかやたらパンチングしてた印象だな
それが敵に渡ってまたピンチってのをよく見た気がする

131名無しさん@恐縮です2020/01/04(土) 12:03:17.47ID:ZxyJJUwO0 >>129
ロシアW杯セネガル戦、パンチングでのマネへのパスは永遠に映像として残すべき

132名無しさん@恐縮です2020/01/04(土) 14:29:16.83ID:BsI+PH2g0 >>131
あれはむしろセネガルのエースであるマネがフリーでスルスルっとゴール前に入って来た時点で驚愕した
誰がマネをマークしていたんだろう

135名無しさん@恐縮です2020/01/05(日) 00:41:59.86ID:bWpufjEK0 >>132
ああ、それと
そういうDF陣の死角で動く相手選手の動きに注意を払うのもGKの仕事
唯一マークする相手がいないんだからね
コーチングはおろか一緒になってボールウォッチャーになってたのが川島だよ

120名無しさん@恐縮です2020/01/03(金) 00:23:26.33ID:CvQIuwAX0 いや、普通にあなたのミスだから。

1Egg ★2020/01/02(木) 14:14:22.17ID:kEmilXEO9 2010年の南アフリカ大会から2018年のロシア大会までの3大会、ワールドカップの全試合でゴールマウスを守った川島永嗣選手がW杯ロシア大会直後に語ったインタビューを『新・GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来』(田邊雅之著)から、一部抜粋し全4回で公開する。今回は第1回。(取材・文:田邊雅之)

●「(世間を)見返してやろうじゃないですけど…」

──まずW杯ロシア大会の感想から、聞かせていただけますか。

「大会前にいろいろなことがあったので、結果的に良い形で終われたのは、日本サッカー全体にとってすごく良かったと思います。でも、それはあくまでもチームが一丸となって得た結果だし、簡単な作業ではなかったですね」

──実際、西野朗監督になってからは、チームのプレースタイルがかなり変わりました。攻撃に関しては、もう少しボールをキープしていく、あるいはフレキシブルに対応していこうと、選手と監督が議論をしたことが奏功したと報じられています。守備に関してはどうでしょうか? ラインの引き方や役割の受け渡しなどで、アプローチが変わった部分はあったのでしょうか?

「どういうふうにプレッシャーをかけていくかとか、できるだけ90分間引いて守るだけにならないようにするというのは、多く議論をしてきたと思います。そのあたりは実際の大会期間中も、だいぶ議論されたと思いますね」

──GKコーチも実際に変わったわけですが、その影響はありましたか?

「もともと代表の中にいるGKコーチでしたし、守り方に関しては、そこまで大きな変化はなかったと思います」

──どちらかと言うと、継続性のほうが高かった?

「とはいえ、チームというのは監督やスタッフが変わった場合、すぐにすべてが機能し始めるものではないですから。そういう意味では、よくこの短期間でいろいろなことがうまく回っていったと思います。

 ただしグループリーグを突破して、日本サッカーが成し遂げたことがないことを達成しようという決意は、僕たち選手の心の中では一度もぶれなかった。

 おそらく周囲の期待値と僕たち選手が目指していた目標には、どちらにしても差があったと思います。(世間を)見返してやろうじゃないですけど、様々なことが言われていたからこそ、結果を出すんだという気持ちも働いたのかなという感じがしますね」

●「このポジションを選んだ人間の人生の一部」

 個々のレベルで見るならば、気持ちの強さを最も持ち続けた選手の一人が川島だったのは間違いない。大会期間中、川島はメディアの批判に幾度となくさらされている。しかも批判の多くは、客観性を欠くものだったと言わざるを得ない。

 だが川島は毅然として記者会見に登場し、ピッチにも立ち続けた。

──川島選手ご自身のプレーについては、どのように振り返られますか?

「基本的に新しい体制になってからは、自分のパフォーマンスが良かったとは思っていないんです。だから大会前の自分のパフォーマンスが、そういう見方を招いてしまった部分もあると思います。スイス戦やガーナ戦のパフォーマンスが普通だったら、あそこまで言われることもなかったでしょうし。

 GKというポジションは失点と常に隣り合わせだし、相手に点を取られれば、どのみちGKのせいだと言われてしまう。それは当たり前のことだし、このポジションを選んだ人間の人生の一部だと思っています。

 ただし相手に点を取られたからと言って、GKが必ずしもベストなプレーをしていなかったとは限らない。そこはまったく次元の違う話であって、プレーの良し悪しを判断するのは、あくまでも自分の内面的な基準になる。何が本当のミスで、何がミスではなかったかはきちんと把握できています」

つづく

1/1(水) 10:20 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00010002-footballc-socc

写真

1 Egg ★ 2020/01/01(水) 11:52:13.02
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577847133/

90名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 18:07:04.61ID:DvPR5sbp0 >>1
こんな名誉返上みたいなこと自分ならできんわ(´・ω・`)

133名無しさん@恐縮です2020/01/04(土) 14:52:47.53ID:uOIiJZ3Q0 ラインの外に横っ飛びするようなキーパーはいらんな

128名無しさん@恐縮です2020/01/03(金) 19:59:18.98ID:/48lxCrn0 ロシアは西川、権田とかでよかっただろと思ってる

130名無しさん@恐縮です2020/01/03(金) 23:32:32.55ID:49dbdRG70 >>128
当時のGKたちの状況を忘れて今になってタラレバしている人が多いね
西川はW杯前はチャンスを何度も与えられていたのにそれに応えるようなプレーが出来なかったのに加えて、所属チームの浦和でのパフォーマンスも低下していた
権田はオーバートレーニング症候群から復帰して鳥栖で試合に出始めていたが、まだ代表復帰というほどには信頼されていない時期だった

65名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 16:08:37.76ID:KPMAsTGB0 コロンビア戦のあれは明らかに壁のミスだったのにな
エリア直近で角度も悪い位置なのに最短距離抜かれたら絶対間に合わんよ

81名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 17:10:49.89ID:YS5DK8x00 >>1
川島がいくらサッカー脳で努力して言いたい事言おうが無理無理w
反日思想伝播ありきの在日マスコミが日本の為になるような事など
まともに記事にして出すわけが無いよ。
 
Jリーグ興行を利用して用日経済利権と反日思想を拡げながら
移民侵略に利用誘導してゆく媒体として歪曲報道するだけだからな。

83名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 17:15:24.07ID:VIhWLFYU0 コイツはピョンピョン飛んで着地してから反応するからな
中学生くらいのボールなら間に合うけど
プロのスピードであんなバカな動きして取れないのはダメ

46名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 15:06:28.51ID:EGT+Y2Ch0 川島はリトマス試験紙みたいなもん
叩いてるのは朝鮮人

21名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 14:37:44.14ID:qfp6JfDN0 ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
https://i.imgur.com/q2uZulC.gif

82名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 17:13:03.31ID:0SRAKBbS0 >>21
ポジショニングって何だろうな

7名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 14:19:38.89ID:22Pm561S0 いやお前のは単なるミスだからな。
普通の失点でキーパーがせめられる事はない。

73名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 16:26:57.44ID:RoWiuv/L0 評論家も素人と同じようなこというのが気に入らんらしい川島さん

18名無しさん@恐縮です2020/01/02(木) 14:32:54.19ID:CuJTRMpo0 川島がミスを犯すのではない
ミスを犯した者が川島なのだ

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました