今年は大晦日に『RIZIN.20』が開催されるのにプラスして、12月29日にも同じさいたまスーパーアリーナで、UFCに次ぐアメリカのメジャー格闘技イベント『ベラトールMMA』の日本大会が、RIZIN協力のもと初めて開催される

ニュース

1砂漠のマスカレード ★2019/12/26(木) 16:57:32.15ID:BlkUxWfE9 年末の風物詩である、さいたまスーパーアリーナでの格闘技イベント。

今年は大晦日に『RIZIN.20』が開催されるのにプラスして、12月29日にも同じさいたまスーパーアリーナで、UFCに次ぐアメリカのメジャー格闘技イベント『ベラトールMMA』の日本大会が、RIZIN協力のもと初めて開催される。

そのメインカードとなるのが、エメリヤーエンコ・ヒョードルvs.クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン。
皇帝ヒョードルの日本ラストマッチだ。

ヒョードルは昨年から今年にかけて開催されたベラトール世界ヘビー級トーナメントで準優勝した後、新たにベラトールと3試合契約を締結。
現在43歳のヒョードルは、その3試合が引退ツアーとなり、今回の日本大会が第1弾。
その後、ヨーロッパで1戦行ない、最後は母国ロシアで闘う予定だ。

元PRIDEヘビー級王者で、2000年代まで世界最強の名をほしいままにしたヒョードルは、現在のMMA界でも大物中の大物。
対するランペイジも、UFC世界ライトヘビー級王者として一時代を築き、『特攻野郎Aチーム』など映画にも出演したセレブファイターだ。

日本格闘技とファンへのプレゼント。

RIZINの榊原信行代表が「2人(ヒョードルとランペイジ)のファイトマネーは、RIZINの経済規模だと、とてもじゃないけど払えません。
ベラトールだからこそ実現できる」と正直に語っている通り、両者のファイトマネーは莫大だ。

それでも日本での開催が実現したのは、ヒョードル、ランペイジ両者が日本で闘うことを望んだことと、ベラトールのスコット・コーカーCEOが、日本の格闘技界と日本のファンに敬意を表してのいわばプレゼント。
現在、世界的に人気を博すMMA(総合格闘技)であるが、その魅力を知らしめたのが、かつてのPRIDE。
そしてヒョードルこそ、世界中のMMAファイターやファンからもっとも尊敬されるPRIDEの象徴であり、日本格闘技界によって育てられた最高傑作でもある。

だからこそ、ヒョードルのラストツアーの出発点は、日本こそがふさわしいと考えられたのだ。

出発点はリングスだった。

もともとヒョードルの総合格闘家としての出発点は、前田日明が主宰していたリングスだった。
2000年にロシアで行われたリングスのオーディションで見出されて同年9月に初来日したが、当時はとくに期待の新人というわけではなかった。
オーディションで即契約に至ったのは、サンボ世界王者の肩書きを持っていたスレン・バラチンスキーであり、ヒョードルは“補欠”扱いだったのだ。

事実、ヒョードルが初参戦したのはリングスの本戦ではなく、小規模な後楽園ホールで開催された、
『BATTLE GENESIS』という育成大会で、リングスを全戦放映していたWOWOWのテレビ放送もなかったのである。

この第1戦で、ヒョードルは和術慧舟會所属でレスリングの実績があった高田浩也を右ストレート1発、わずか12秒でKO。
ファンや関係者に衝撃を与える。この時ヒョードルは打撃の練習を始めてまだ2カ月だったというから驚きだ。

その後、ヒョードルは才能を開花させ、リングスではヘビー級と無差別級の2階級王者に君臨。
’02年2月にリングスが活動休止した後はPRIDEに戦場を移し、ここでも連勝を続けると、’03年3月16日の『PRIDE.25』で
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが持つPRIDEヘビー級王座に挑戦。大方の予想を覆し、判定勝ちでPRIDEの頂点に立った。

「一番欲しいのはヒョードルの首だ」

そしてヒョードルがPRIDE王者となった翌日、のちに宿命のライバルとなるミルコ・クロコップがK-1からPRIDEへの移籍を表明。ここから格闘技界は激動の時代に突入する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191226-00841996-number-fight&p=2
12/26(木) 11:16配信

https://number.ismcdn.jp/mwimgs/9/5/-/img_95945669e1f9b876dd55f7b4906fb29a392978.jpg
https://iing2011.up.n.seesaa.net/iing2011/image/E3839FE383ABE382B3E381AEE3838FE382A4E382ADE38383E382AFE381A7E38282E58092E3828CE381AAE38184E38392E383A7E383BCE38389E383AB.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=eS02AbYfK1A&t=15s
ヒョードル入場曲

3名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 16:59:42.08ID:P3moQpcN0 前田あきらとか言うゴミがヒョードルクラスなら世界にゴロゴロいるとかほざいてたけど
一人も見つけられなかったな
やっぱゴミの言うこと信じたらダメだな

14名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 17:39:36.95ID:l88UhW590 >>3
世界中にゴロゴロいただろ
ヒョードルはUFCじゃ中級レベルだよ

53名無しさん@恐縮です2019/12/27(金) 23:09:47.12ID:HIQKz2Qv0 >>14
それは全盛期すぎてからの話だよな?
ピーク時はufcすらヒョードルを認めてたぞ。
まずufcでチャンピオン取ったノゲイラにも勝ってるし

19名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 19:19:59.29ID:+FiVwY+00 かつての人類学最強のヒョードルもいまは朝倉未来にも勝てないんだよな

34名無しさん@恐縮です2019/12/27(金) 15:19:34.13ID:nQXMniCb0 一斉を風靡した野球のオチンコ選手の呼び方問題みたいなもんか

53名無しさん@恐縮です2019/12/27(金) 23:09:47.12ID:HIQKz2Qv0 >>14
それは全盛期すぎてからの話だよな?
ピーク時はufcすらヒョードルを認めてたぞ。
まずufcでチャンピオン取ったノゲイラにも勝ってるし

59名無しさん@恐縮です2019/12/28(土) 01:45:33.60ID:/VwI+/QE0 >>53
全盛期とか不確かな事言うなや
無敗期間が全盛期か?
んな都合の良い事いってんなや

60名無しさん@恐縮です2019/12/29(日) 09:59:56.28ID:3F/z9FL20 >>59
ちょっと何言いたのかわからない

44名無しさん@恐縮です2019/12/27(金) 19:39:37.48ID:gmRH7fdu0 アメリカのUFCだのなんだのは全部日本の後追いなんだよな
日本こそが格闘技の聖地
柔道が世界を席巻した100年以上前からずっと日本が格闘技世界一だった

46名無しさん@恐縮です2019/12/27(金) 19:47:10.32ID:4UZ+/mwT0 >>44
でも日本じゃ衰退しちゃいましたからね
何でだろうな
理由は分からんが、終わった感は
みんな感じてたと思う
ホント、燃えなくなった
どーでもよくなった

58名無しさん@恐縮です2019/12/28(土) 00:45:43.72ID:yLNKsJ780 国の合う合わないあるよね
なんでかロシア人って
日本の地乗りに合うっていうか

22名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 20:25:09.14ID:HPR2tcbH0 フェドーがなんでヒョードルになるん?

42名無しさん@恐縮です2019/12/27(金) 19:13:31.92ID:ebOM4nLQO パワーボム+ヘッドバットを思い出す

20名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 19:54:31.44ID:UgjpWvF60 日本の格闘技界はもうオワコンだな

17名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 18:18:52.19ID:qy5rUgQX0 バンナの初期のインパクト越える奴は居ないな実力は置いとくとして

24名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 20:41:38.38ID:sGgWXgdQ0 >>17
初期は地味な選手だったが?準優勝したけど人気もなかった

25名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 21:14:03.36ID:hodKbzkF0 >>24
アンディフグKOしたマイクベルナルドに話題持ってかれてたよな
バンナの人気が爆発したのはピーターアーツKOした辺り

28名無しさん@恐縮です2019/12/26(木) 22:44:57.39ID:Dk8yfrhr0 ヒョードル、俺の中では元祖「笑わない男」

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました